【ポケモン剣盾】ダイマックス進化とは?

2019-10-30 15:34

ポケットモンスターソードシールドの「ダイマックス」について紹介。またダイマックス技の一覧、キョダイマックス技の一覧も掲載中。

Left Caption

わどみね

ソードシールドで実装されるダイマックスについて

ダイマックスとは

ダイマックスはソードシールドで実装された新システム。ステータスの上昇、技の変化というZ技+メガシンカのような性能を持つ。持ち物は自由。

そして好きなポケモンを進化させられるという点が最も大きな特徴。ガラル地方の一部のエリアでしかダイマックスは行えないらしいが、メガシンカはできるポケモンが限られており、戦闘に出すだけで警戒されるポケモンも多かった。

おそらく従来のZ技とメガシンカは廃止。第5世代でゲームバランスをぶっ壊したジュエル系統のアイテムが干された時のように。というかZクリスタルやらメガ石と混在したら色々ややこしくなりそう。

一部のやつは見た目がでっかくなる

ダイマックス進化のなかでも「キョダイマックス」ができるやつらがいる。こいつらは「キョダイマックスのすがた」と呼ばれ、見た目がでっかくなる。

メガシンカはポケモンによって色々見た目の変化に違いがあったけど、キョダイマックス進化は基本でっかくなるだけ。特性も変化なし。しかし、キョダイ化すると「キョダイマックス技」を使うことができるようになる。

通常のダイマックス進化でつかえる「ダイマックス技」より、効果や性能は強力。

公開されているダイマックス技

技名 タイプ 威力 命中 PP 範囲 直接
追加効果
ダイアタック ノーマル
相手の「すばやさ」を1段階下げる
ダイウォール ノーマル
相手のわざにより受けるダメージ・状態変化・能力変化を無効にする。連続して使うと失敗しやすい。
ダイソウゲン くさ
場が「グラスフィールド」になる
ほのお
天気が「はれ」になる
みず
天気が「あめ」になる
ダイサンダー でんき
場が「エレキフィールド」になる
ダイアイス こおり
天気が「あられ」になる
ダイナックル かくとう
味方全体の「こうげき」が1段階上昇する
ひこう
素早さが1段階上昇する
いわ
天気が「すなあらし」になる
あく
相手の「とくぼう」を下げる
はがね
防御が1段階上がる
場が「ミストフィールド」になる

強力な技は特にない

ダイマックス技は「にほんばれ」などの天気技の亜種や、1段階の積み技ないしデバフが中心。局所的に使える場面はあるにしても、これらの技を中心にバトルを組み立てることは難しい。

ダブルバトルや、加速持ちは「ダイフォール」を重宝するかもしれない。ただ「キョダイマックス」を捨ててまでダイマックスするメリットはあるのか?といった所感。ダイマックス技はフィニッシュ性能の高いものが多くあり、十分に狙う価値があるからである。

公開されているキョダイマックス技

技名 タイプ 威力 命中 PP 範囲 直接
追加効果
キョダイガイジン みず
カジリガメ専用。相手の場に「ステルスロック」を撒く
キョダイフウジン ひこう
アーマーガア専用。相手の使った「リフレクター」「ひかりのかべ」「まきびし」その他フィールド技を無効化する。
キョダイダイエン
マホイップ専用。味方全体のHPを回復する。
キョダイゴクエン ほのお
リザードン専用。炎タイプ以外のポケモンに4ターンの間ダメージを与え続ける
キョダイバンライ でんき
ピカチュウ専用。相手全体を麻痺状態にする。
キョダイホーヨー ノーマル
イーブイ専用。相手全体をメロメロ状態にする。
キョダイコバン ノーマル
ニャース専用。相手全体を混乱にする。戦闘後、多くのお金を拾える
キョダイコワク むし
バタフリー専用。相手全体を「ねむり」「まひ」「どく」のどれかにする。

全体的に強い(小並感)

ダイマックス技と違い、リザードンの「キョダイゴクエン」のように炎の渦+αのような効果を持った技が多い。味方全体や敵全体に効果を及ぼすものもあり、紙耐久高速アタッカーなどは控えにいる状態で麻痺を撒かれるだけで機能停止することは容易に想像がつく。

ダイマックス進化はこちらが主流と見て間違いない(はず)

強そうなキョダイマックス

現段階(10/24)で公開されているキョダイマックスポケモンの中で強そうなものをピックアップ。発売前情報なので参考にならない点は悪しからず。へー、程度にとどめてもらえると。

ピカチュウ

ステータスの向上と専用アイテム「でんきだま」のシナジーは期待大。またピカブイではわけわからんほど種族値が向上したポケモンである。ピカブイverなら一線級、今までの種族値の据え置きでも「でんきだま」続投なら十分活躍できるポテンシャルを持っている(はず)

また専用技「キョダイバンライ」は相手全体を麻痺にする強力な効果。電磁波3回打ってるのと一緒である。紙耐久高速アタッカーはこれを打たれるだけで機能停止に追い込まれる。攻撃技もボルテッカーやらタマゴ技やらでなんだかんだ充実しているのがピカチュウである。なお、ピカブイのプレイデータがないと入手できない点には注意

リザードン

6世代ではメガ石を2種類もらった優遇ポケモン。増田に愛されている。「キョダイゴクエン」は相手の気合のタスキを潰せる点が非常に優秀。そもそもコイツは単体でも活躍できるのがズルい。というのも、イーブイやピカチュウはキョダイマックス前提の立ち回りを要求されるが、リザードンは最終進化ポケゆえキョダイマックスなしでもそこそこに戦えるのである

ステータスの上昇幅や、キョダイゴクエンのスリップダメージ量にもよるが、現段階で発表されている中では優秀な部類に入る。

バタフリー

ついに救われた不遇ポケモン。ビビヨンに複眼+蝶舞+眠り粉の立ち位置を奪われ、同郷のスピアーさんはメガシンカで先に出世。今回のキョダイマックスでようやく日の目を浴びることができるか。

「キョダイコワク」は敵全体に状態異常をバラ撒ける技。「どく」がハズレ、「まひ」が普通、「ねむり」が当たりのガチャ。ふくがんも健在なので、前述の蝶舞+眠り粉+キョダイコワクでネチネチ攻める戦術も有力かと思われる。この技構成の場合、キョダイマックスなしでも戦える点も魅力。

ただピカチュウやリザードンに対し不利なので、今後有力なキョダイマックスポケモンが出てこなかった場合環境的に厳しい立ち位置となる可能性が高い。