【ポケモン剣盾】CM公開!内定ポケモンまとめ

ポケットモンスターソードシールドのCMがついに公開。新たに内定したポケモンと、以前に内定が確定していたポケモンを一括掲載。

Left Caption

わどみね

内定したやつらと活躍しそうなポケモン

内定ポケモンとは?

まず内定ポケモンとはなんぞやという話。ソードシールド(第七世代)への移行に伴い、全ポケモンではなく一部のポケモンのみ出現するという仕様になると発表されたため、出現することが確定したポケモンたちを「内定ポケモン」と呼ぶようになったということである。

ピカブイの発売もあり、だいぶ前から初代ポケモンは全ポケモン内定濃厚と見られていたが実際そのようである。ピカチュウやイーブイに加え、リザードンまでもがキョダイマックス進化をもらうという優遇っぷりである

CMでポケモンがたくさん内定もらいました

10/24(木)にCMが公開され、新たに大量の内定ポケモンが出現。CMはこちら

初代〜7世代まで、それぞれのゲーム機とドットから飛び出すというエモい演出。

CMで内定が確定したポケモンたち

ポケモン
テッポウオ オクタン ツボツボ タネボー
コノハナ ダーテング コータス スコルピ
ダーテング コータス スコルピ ドラピオン
ムンナ ムシャーナ ズルッグ ズルズキン
コマタナ キリキザン ナマコブシ

以上のポケモンが内定。意外?にも準伝ポケの内定は未公表。対戦環境における絶対的王者、ガブリアスも未だ姿見えずと内定が怪しくなってきた印象。

内定確定してるポケモンたち

第1世代(赤/緑)

ポケモン
ヒトカゲ リザード リザードン キャタピー
トランセル バタフリー ピカチュウ ライチュウ
コイキング ギャラドス ピッピ ピクシー
ディグダ ダグトリオ サイホーン サイドン
カビゴン ゴース ゴースト ゲンガー
ワンリキー ゴーリキー カイリキー ロコン
キュウコン ガーディ ウインディ トサキント
アズマオウ イワーク イーブイ シャワーズ
サンダース ブースター エビワラー サワムラー
ラプラス ミュウ

第2世代(金/銀)

ポケモン
ピチュー ピィ トゲピー トゲチック
ホーホー ヨルノズク マンタイン ニューラ
ウパー ヌオー ヨーギラス サナギラス
バンギラス ハガネール エーフィ ブラッキー
バルキー カポエラー チョンチー ランターン
ハリーセン

第3世代(ルビー/サファイア)

ポケモン
キャモメ ペリッパー ホエルコ ホエルオー
ユキワラシ オニゴーリ ナックラー ビブラーバ
フライゴン ソーナノ ヨマワル サマヨール
ヒンバス ミロカロス ハスボー ハスブレロ
ルンパッパ ラクライ ライボルト ラルトス
キルリア サーナイト ロゼリア クチート

第4世代(ダイヤモンド/パール)

ポケモン
ゴンベ リオル ルカリオ ヒポポタス
カバルドン ユキカブリ ユキノオー ユキメノコ
ドサイドン ヨノワール タマンタ マニューラ
トゲキッス エルレイド ミツハニー ビークイン
フワンテ フワライド ドーミラー ドータクン
グレッグル ドクロッグ カラナクシ トリトドン
ロトム ロズレイド スボミー

第5世代(ブラック/ホワイト)

ポケモン
バチュル デンチュラ モノズ ジヘッド
サザンドラ ダゲキ チラーミィ チラチーノ
コロモリ ココロモリ ワシボン ウォーグル
ゴビット ゴルーグ プルリル ブルンゲル
オタマロ ガマガル ガマゲロゲ マラカッチ
ダンゴロ ガントル ギガイアス ヤブクロン
ダストダス バニプッチ バイバニラ バイバニラ
キバゴ オノンド オノノクス ユニラン
ダブラン ランクルス チョロネコ レパルダス
ローブシン ドッコラー ドテッコツ エルフーン
モンメン テッシード ナットレイ

第6世代(X/Y)

ポケモン
ホルビー ホルード ニャスパー ニャオニクス
カチコール クレベース ヤンチャム ゴロンダ
ペロッパフ ペロリーム マーイーカ カラマネロ
ルチャブル バケッチャ パンプジン エリキテル
エレザード ヌメラ ヌメイル ヌメルゴン
オンバット オンバーン

第7世代(サン/ムーン)

ポケモン
アゴジムシ デンヂムシ クワガノン ヨワシ
ヌイコグマ キテルグマ アマカジ アママイコ
アマージョ ドロバンコ バンバドロ コソクムシ
グソクムシャ ミミッキュ ヒドイデ ドヒドイデ
ジャラコ ジャランゴ ジャラランガ

活躍しそうなポケモン

独断と偏見で対戦環境に蔓延りそうなポケモンを選出。基本的にはキョダイマックスポケを意識して相性補完、メタに有効なポケを評価している(はず)

カバルドン

砂撒きで襷潰しが可能、かつキョダイバンライが効かない地面タイプ。ピカチュウが波乗りを覚えられるかどうかにかかっている部分もあるが、イトケあたりをもたせておけば役割を遂行するのは容易いだろう

相性補完的にはアーマーガアと組み合わせるのがセオリーとなるか。電気をカバで弾き、草をアーマーガアで受けるといった形。カラスのキョダイマックス技は正直微妙いが、ステータス向上の恩恵は受けループにも役立つはずである

ナットレイ

草/鋼という優秀なタイプを持つ受けポケ。めざ炎を持たないピカチュウに対してめっぽう強い。瓦割り程度なら耐えてくれる、はず

カバ同様、ステロで襷を潰せるので役割を失うことがない点もポイント。登場以来活躍の場を失ったことのないポケモンなので、第七世代でも活躍してくれると期待している

ヌメルゴン

環境が特殊寄りになるのなら。単ドラゴン自体は優秀なタイプだし、なによりピカチュウのメインウェポンを半減できる。ピカチュウを意識し過ぎという説もあるが、キョダイマックス有力候補のリザも抑えられる点がコイツ独自のセールスポイント。

今後のキョダイマックスポケにも依るが、種族値の暴力で活躍の場を見出してほしい(願望)

ラッキー(ハピナス)

コイツが活躍しなかった時代を私は知らない。初代ポケ全内定ならばラッキー&ハピナスの悪魔コンビは間違いなく出現する。タイプを無視して特殊アタッカーを止める鉄壁のポケモンである

「しんかのキセキ」が続投されるか否かでラッキーorハピナスのどちらかが決まってくるが、コイツらが流行る環境ならローブシンも十分採用候補に入る。5世代でその力を誇示し、6世代で完膚なきまで叩きのめされた武神の復活は見てみたい

オノノクス

抜き性能No1。竜舞からの逆鱗で全てのポケモンをぶっ飛ばせるポケモン。キョダイバンライとの相性が抜群で、バンライ後に鉢巻逆鱗をするだけで環境初期は圧倒できるのでは?と思うほど。

ピカチュウ

さんざん触れてきた諸悪の根源。キョダイで全体麻痺ばら撒き+アタッカー運用もできる環境筆頭候補。

レッツゴーピカチュウのデータがないとゲットできないらしい。まだピカブイをやってない人はピカチュウの方を買おう。イーブイより確実に強い。しかも可愛い。